中学校の制服、女子もズボン選択OKに 東京・中野区

東京・中野区は区立中学校の女子生徒の制服について、新学期からスカートだけでなく、スラックス=ズボンも選べるように見直す方針を明らかにしました。

 中野区には区立中学校が10校あり、このうち5校は制服を原則として男子はスラックス、女子はスカートとしてきました。残りの5校は防寒対策などを考慮して、女子生徒がスカートかスラックスを選べるようにしていて、2019年度からは10校全てで制服を自由に選択できるように見直しました。

 2月1日の会見で酒井区長は「区が目指すのは多様な生き方を受け入れることができる地域社会の実現。女子生徒は自由にスカートとスラックスを選択できるようにする」と述べました。そして、制服を見直すきっかけが、小学6年生の女の子から届いた「ズボンがはきたい」という声が多いというアンケートだったことを明らかにしました。酒井区長は「(理由は)体が冷えるからスカートは嫌だ、動きにくいからスカートよりスラックスの方がいい、どちらでも選べる方がいいなど、いろいろな意見があった。子どもたちの声も受け止めて、学校長に協議をお願いした」と話しました。

 今回の方針について、JR中野駅前で街の人に聞くと「性別で考えると(女子が)スカートで(男子が)ズボンというイメージはあるが、冬場は足を出している女子生徒が寒そうなので、そういうのもありなのかなと思う」という意見も聞かれました。その一方で「選択するだろうか。(選ばれない可能性として)女の子だから難しい気がする。可能性としてはいいんじゃないですか」と話す人もいました。

 中野区は今後、男子生徒も制服を選べるようにすることも検討していくことにしています。